☆☆☆慶大映画生活☆☆☆
自分が観た、映画の感想とかをのせていきたいです。※流れでネタバレもあるかもしれないので、いやな人はご遠慮ください※ リンク、コメント募集中です~

来てくれてありがとう



いつもありがとう

FC2ブログランキング



これからもよろしく

大学生ブログ選手権



ジュードロウありがとう

映画大好き慶大2年生。 春からも映画行くぞー! 試写会もたくさん当てたい♪

シネマーる

Author:シネマーる
観た映画についていろいろ書きたいと思います。
リンク、コメント募集中です~



スパイダー



東宝ありがとう



記事ありがとう



カテゴリー



コメントありがとう



リンクありがとう

このブログをリンクに追加する



月別



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それでもボクはやってない

それでもボクはやってない

1001400_01.jpg



周防監督素晴らしいです。


ここまでリアルに描かれた法廷モノは、かつてなかったと思います。


これこそが、裁判所で実際に行われていることの一面です。


HEROやら他のドラマで、変に偏っている人はこれを見て修正したほうがいいと思います。


真実もくそもないです。
裁判官も人間であり、権力者は時に傲慢となりえます。

この映画を観た感想としては、かわいそうとかじゃないです。


くやしい、です。


観ているほうは冤罪だとわかっているので、とても腹立たしいです。


日本の司法が抱える問題点が浮き彫りにされています。

特に、冤罪にクローズアップされているせいもあったため、裁判官の判断に対するチェックが、少ないと感じました。


チェック機能を果たしうる裁判員制度がこれから始まるにあたって、国民の司法への関心を喚起するよいきっかけになりうる作品だと思います。


星5つ:☆☆☆☆☆

2007 2月 最優秀作品

soreboku.jpg




大学生ブログ選手権


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

日本の刑事裁判は本当に酷いです。
筋弛緩剤点滴事件などと呼ばれている6年前の仙台の事件も冤罪です。
一審は嘘の自白のみを頼りに有罪判決を下しました。
二審は警察の鑑定結果は筋弛緩剤から得られるデータと違うという
弁護側の重大な疑問に対し、分析の装置と条件が異なるので結果が
違っても構わないなどという、およそ科学を無視したあきれるべき
判決を下しました。
現在上告審を闘っています。
4/28に弁護団長を招いて勉強会を行います。
http://homepage2.nifty.com/daisuke_support/event2.htm
【2007/04/23 00:09】 URL | shige #LMpeapMc[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cinemarcinemar.blog98.fc2.com/tb.php/7-8f94da51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。