☆☆☆慶大映画生活☆☆☆
自分が観た、映画の感想とかをのせていきたいです。※流れでネタバレもあるかもしれないので、いやな人はご遠慮ください※ リンク、コメント募集中です~

来てくれてありがとう



いつもありがとう

FC2ブログランキング



これからもよろしく

大学生ブログ選手権



ジュードロウありがとう

映画大好き慶大2年生。 春からも映画行くぞー! 試写会もたくさん当てたい♪

シネマーる

Author:シネマーる
観た映画についていろいろ書きたいと思います。
リンク、コメント募集中です~



スパイダー



東宝ありがとう



記事ありがとう



カテゴリー



コメントありがとう



リンクありがとう

このブログをリンクに追加する



月別



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホリデイサントラ

オリジナル・サウンドトラック「ホリディ」 オリジナル・サウンドトラック「ホリディ」
サントラ (2007/02/28)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る




ホリデイサントラ


401.jpg



まだ、はまってます ホリデイ



映画の感動が忘れられず、サントラ購入。



どこのHMVにも売ってなくて、とりよせしてまで購入。




でも、やっぱ取り寄せした甲斐があった!!




一曲一曲聴くたんびに、映画のシーンが思い起こされる。



また、あのほとんど人のいない、どでかい空間も思い起こされて



とても快感♪



まるで、映画館にいるような気分♪



しかし、これもホリデイがすばらしいからこそのことですね!



DVDも絶対に購入!


なんなら、もっかい観に行きたい!!



大学生ブログ選手権



スポンサーサイト

ホリデイ

ホリデイ

holiday




予想していたのと全然違って


最高だった。


単純な、”傷ついた2人の女の元気になろうぜ!的物語”ではなく


傷を持った人達が壁にぶち当たりながらも、それぞれの問題を乗り越え、

本当に必要な人は誰なのかに気づいていく過程が、繊細かつ力強く描かれている。


本気で好きになることを恐れているアマンダとグラハム

調子のいい相手に都合よく利用されているアイリスとマイルズ


この男女こそがお互い似たもの同士で、

お互いに惹かれながらも、 それぞれが抱える困難に当たり、立ち向かっていく一連の流れが、
映画の終わりまで一気に突っ切っていて、爽快だった。


ジュードロウの、いままでとは違った新しい一面もとてもよかった。
ほかのは、まあ予想どうりの感じ。


音楽も、映画の雰囲気をより高める素晴らしものだった。

サントラは絶対に購入。
でも、売り切ればっかりで取り寄せしてもらいました。



2007 3月の最優秀作品


星5つ:☆☆☆☆☆


wallpaper_02_small.jpg






大学生ブログ選手権




守護神

守護神


mo4750.jpg





1日2回しか上映してないから



最初はどんだけつまらないかとおもったけど






普通におもしろいじゃん








伝説的な、レスキュー隊員と


そのあとを継ぐ若者が中心の物語




人の命を救うという仕事



そして、何百人も救ったという事実



一方で、救えなかった人もいるという現実



にもかかわらず



救い続ける人間がいるという真実



みな心に何かを思うからこそ、救い続け



また、新たに救い始めるのだ



彼らは人でもあり、奇跡でもあるのだ




星4つ:☆☆☆☆





大学生ブログ選手権




パフューム

パフューム

1171618846_photo.jpg




主人公グルヌイ



香水調合師としては超一流だが



人間としては、未熟であり欠落しているものがある



それは愛だった









とでもいいたいのだろうかこの映画は。




主人公にかかわった人間が、無駄に死んでいくという余計な演出はもちろん

主人公の最後の場面も、あっそ。って感じ。



期待して観に行った分だけ失望が大きかった。


こんな映画を見て、自分に何が得られたのだろうか




洋画はつまらないのが多いという知識だろうね。



絶対的な矛盾も発見したし。


ずばり時間の無駄。


星1つ:☆



大学生ブログ選手権





それでもボクはやってない

それでもボクはやってない

1001400_01.jpg



周防監督素晴らしいです。


ここまでリアルに描かれた法廷モノは、かつてなかったと思います。


これこそが、裁判所で実際に行われていることの一面です。


HEROやら他のドラマで、変に偏っている人はこれを見て修正したほうがいいと思います。


真実もくそもないです。
裁判官も人間であり、権力者は時に傲慢となりえます。

この映画を観た感想としては、かわいそうとかじゃないです。


くやしい、です。


観ているほうは冤罪だとわかっているので、とても腹立たしいです。


日本の司法が抱える問題点が浮き彫りにされています。

特に、冤罪にクローズアップされているせいもあったため、裁判官の判断に対するチェックが、少ないと感じました。


チェック機能を果たしうる裁判員制度がこれから始まるにあたって、国民の司法への関心を喚起するよいきっかけになりうる作品だと思います。


星5つ:☆☆☆☆☆

2007 2月 最優秀作品

soreboku.jpg




大学生ブログ選手権






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。